加藤商店は千葉県山武市中心に産業廃棄物の処理を行っています。

トップページ
>
会社概要
>
沿革

沿革

 

昭和22年 加藤製油所として創立

昭和34年

資本金200万円に増資し株式会社加藤商店に改組
昭和42年

コンクリート離型材及び廃油処理、コンクリート2次製品の製造を開始

昭和47年 産業廃棄物の処理及び中間処理の開始
昭和48年 産業廃棄物のコンクリート固形化開始
昭和50年 産業廃棄物の千葉県知事許可取得 
昭和52年 再生重油、製造、販売を拡充
昭和57年 資本金500万円に増資
昭和63年

産業廃棄物千葉市長許可取得

事務所を場内に移転

平成2年 資本金1000万円に増資
平成5年 貯蔵タンク2基増設
平成8年 プラント工場増設
平成15年 潤滑油納入プラント開発
平成17年 タンク1基増設ヤード施設完成
平成20年

タンク2基増設ヤード設施設完成

エコアクション21取得

平成22年 エコアクション21更新
平成23年 産業廃棄物処理更新
平成24年

エコアクション21更新

タンク2基増設ヤード施設完成

神奈川県収集運搬許可取得

平成26年

エコアクション21更新

特別管理産業廃棄物処理業許可更新

平成27年 潤滑油製品保管所増設